育毛剤が効かないのは頭皮環境のせい


薄毛に悩まされている人の7割の方は、育毛剤などを利用して抜け毛や脱毛、薄毛対策を行なっています。

しかし、効果な育毛剤を購入して利用してみても効果が一向に現れない場合があります。

そんなことになってしまうと、その育毛剤効かないと騙されたと思って使用するのをやめてしまう方も多いと思います。

しかし、そもそもなぜその育毛剤が自分に効果が無かったのか気になったため、一度病院に行って専門家にアドバイスを貰いに診察に行ってきました。

実際に髪の毛に詳しい専門家に見てもらうと、人の頭皮環境にはタイプがあり、そのタイプ別にきちんとした対処を行わなければいくら効果がある育毛剤を使用しても効かないと言われましたもうやだ〜(悲しい顔)

で私の頭皮環境のタイプを診察してもらったところ、私は「血虚」と言われるタイプであることがわかりましたひらめき

この血虚のタイプの人は、血液量や、血液に含まれる成分が不足している貧血気味のタイプを指します。

頭皮の色は青白くて、頭皮全体の弾力い状態です。さらに実際に頭皮を触ってみると冷たく感じます

このような症状の方は 冷え性で胃腸が弱い方が多い傾向にあります。

対策法としては、
・冷房の直接当たる場所はなるべく避ける。
・消化吸収の良い食べ物を食べるようにする。
(大豆製品、ほうれん草、かぼちゃ、黒ごま、ピーナツ、りんご、アジ、レバーなど)
・乳製品や油っこい食べ物は控える。

等の対処をすれば、頭皮環境が改善されます。
育毛剤は本来この頭皮環境が整った状態で効果があるように開発されています。

育毛剤効かないと嘆いている方は、一度頭皮環境を見直して見ることをおすすめしますひらめき
posted by 私が試して効果が出た育毛剤紹介 at | 育毛の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


情熱FX大陸
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。